はなQクイズ『なにこれ?
あなたには分かるかな ?

あいうえお順で表示(木本) ページの下部に検索窓があります

  

赤松。樹高十数mになる針葉樹です。樹皮が赤っぽく、比較的やせた土地にも生え、火山の中腹などによく見受けられます。

赤芽柏。
本州以南の川沿いなどの日当たりがよい場所に自生する落葉性高木です。新芽は赤っぽい色をしています。

秋茱萸。
北海道南部から九州の丘陵地や山地、河原などに生える落葉低木で晩春に白褐色の小さな花を多数つけます。実は秋に熟し、赤くて丸く、渋いが食べられます。

秋楡、ニレケヤキ。
関東以南に分布する落葉高木で夏に花が咲き、冬に実が熟します。

灰汁柴(青木柴)。
樹高50cm程度の落葉小低木で若枝は濃い緑色をしています。
山野の広葉樹の根元にひっそりと生えています。

木通、通草。
落葉性のつる植物で他の木などに巻きつき大きくなります。

榕。
紀伊半島、四国南部、九州から沖縄などかなり暖かい地域に自生する高木で樹高20m程度にまで生長します。

麻殻、別名スクモギ、トウミョウ。
本州近畿以西から九州の日当たりの良い谷筋に生える小高木で晩春から初夏にかけて白い花を房状につけます。