あいうえお順で表示(大高木) ページの下部に検索窓があります

  

翌檜、別名アスヒ、ヒバ。
本州から九州に自生する常緑高木で樹高30mにもなるそうです。

粗樫、別名クロガシ。
暖かい地域に分布する常緑広葉樹です。寸詰まりのドングリがなります。

扁桃。
地中海地方を原産とする落葉高木で、春にピンクの花を咲かせ、夏にウメに似た実をつけます。花はモモより大きくきれいです。果物

飯桐。
大きなハート型の葉を付ける落葉高木で、春黄緑色のごく小さな花を房状に咲かせ、秋には赤く熟す丸い実をつけます。

柞ノ木、別名ユスノキ、ヒョンノキ。
常緑広葉樹で樹高20m程度まで成長します。春小さな赤い花をつけ、秋に実をつけますが熟すと割れてゴマのような種が2つずつ出てきます。

一位樫。
関東以南太平洋岸および四国九州に自生する常緑高木で谷筋などで見かけます。
若枝や葉の裏には褐色の毛が生えています。

公孫樹、銀杏。中国原産の落葉高木で日本でも古くから各地に植えられています。黄葉がとても美しい木です。

犬槐。
日本各地の山地の林縁や川岸などに生える落葉高木で晩夏にクリーム色の花を塔状につけます。
葉は羽状複葉で小葉は卵形で全縁です。