はなQクイズ『なにこれ?
あなたには分かるかな ?

あいうえお順で表示(つる性木本) ページの下部に検索窓があります

  
  

青葛篭藤、別名カミエビ。
本州から九州の山野に自生するつる植物で他の植物に巻きついて伸び上がり、夏に小さな白い花を咲かせ、秋に白粉をふいた丸くて青黒い実を房状につけます。

木通、通草。
落葉性のつる植物で他の木などに巻きつき大きくなります。

亜米利加凌霄花、別名コノウゼンカズラ。
アメリカ中南部原産のつる性の低木で夏に赤橙、橙、黄色の花を咲かせます。

本州以南に自生する常緑のつる植物で岩や他の木に付着根で張り付いて日当たりの良い場所を確保します。

岩絡。
北海道から九州の山地に自生する木本で晩春から初夏にかけて白い花を付けます。
つる植物で岩や他の木などにからみついて成長します。

海老殻苺。別名ウラジロイチゴ。
茎や葉柄に海老殻のような赤茶色の毛が生えたつる性木本で初夏に小さく白い花をつけます。ガクには腺毛が生えています。
実は赤黒く熟し房状に多数付きます。

蝦蔓、別名エビカズラ。
本州から九州の野山に自生する落葉性のつる植物で巻きひげで他の木などにしがみつき、茎は数mの長さになります。葉は3~5裂し、裏側には毛が生えています。

本州房総以西から九州まで自生する半つる性の常緑低木で、石垣や木に付着根を張り生長する植物です。