オオバコ科 クワガタソウ属

新芽(又は代替)で表示

クワガタソウ属
学名 : Veronica

犬陰嚢。
本州以南に自生する一年草で、春に小さな白い花を咲かせます。

大犬陰嚢。
春に青紫色の小さい4弁花を咲かせるヨーロッパからの帰化植物です。

立犬陰嚢。
西アジアからヨーロッパ原産の帰化植物で草丈20cm程度になる一年草です。春に極小さな青い花を咲かせます。

別名ツタバイヌノフグリ(蔦葉犬の陰嚢)。
ヨーロッパ原産の帰化植物で春先に小さな淡紫色の花を付けます。明治には帰化していたそうです。

虫草。
草丈10cm前後の一年草で春に極小さな白い花を付けます。本州から九州の水田や沼の周りなどに自生します。

川苣。
中部以西に自生する越年草で、川岸や水田などの少し水をかぶるような場所に生えます。
晩春から初夏にかけて葉脇から花枝を出し小さなうす青色の花を塔状につけます。
葉は楕円形で対生し、細かい鋸歯があります。

山虎の尾。
本州関西以西から四国・九州北部の山地草原に生育する多年草で晩夏から初秋にかけて青い小さな花を穂状につけます。

小鍬形。
本州中部地方以西から四国九州の山地の林下に生える多年草で初夏に青い筋の入った白い小さな花をつけます。

細羽姫虎ノ尾。
本州近畿地方以西から四国・九州北部の山地の草地に生える多年草で小さな青い花を多数塔状に付けます。稀に白花種シロバナホソバヒメトラノオもあります。

筑紫虎ノ尾、別名ヒロハトラノオ(広葉虎ノ尾)。
九州北部高原の草地に生える多年草で晩夏に青い小さな花を塔状に付けます。