シソ科 アキギリ属

発芽(又は代替)で表示

アキギリ属
別名サルビア属
学名 : Salvia

秋ノ田村草。
本州から九州に自生する多年草で梅雨時から秋まで淡い紫色の花を塔状に咲かせます。

緋衣草、別名サルビア・スプレンデンス(単にサルビアという場合も多い)。
ブラジル原産の一年草で園芸・観賞用に輸入されました。夏から秋まで赤い花を塔状に咲かせます。

白花秋ノ田村草。
アキノタムラソウの白花種です。

黄花秋桐。
本州から九州の丘陵地帯や山地に自生する多年草で初秋に淡黄色の花を付けます。

サルビア・レウカンサ、アメジストセージなどとも呼ばれます。
メキシコ原産の一年草で秋に紫色の花を穂状につけます。

溝香需。
本州茨城県以西から四国、九州の河川敷や湿った草地に生える二年草で晩春から初夏にかけてごく小さな紫色の花を塔状につけます。