スイカズラ科 タニウツギ属 ハコネウツギ

ハコネウツギ
箱根空木。
落葉低木で晩春に白から赤に変色するベル状の花を多数つけます。
葉は楕円形で鋸歯があり、対生します。
ニシキウツギとよく似ていますが、本種は葉の裏に毛がなく、より濃い赤に変色します。
花がきれいなので庭木や公園木として植えられています。
学名 : Weigela coraeensis

ハコネウツギ
ハコネウツギ ハコネウツギ
ハコネウツギ 晩春 白ピンク赤
ハコネウツギ 楕円形 鋸歯 対生
ハコネウツギ 灰色 縦方向に深く割れる