ラン科 カキラン属 カキラン

カキラン
柿蘭。
本州から沖縄の湿地に自生する多年草で初夏に黄橙色(柿色)の花をつけます。葉は楕円形で先端は尾状に伸び、互生します。
実付きは良く、楕円形で秋に茶色に熟します。中には細長い白褐色の種子が多数入っています。
学名 : Epipactis thunbergii

カキラン
カキラン カキラン
カキラン カキラン
カキラン 初夏に紫条黄橙色の花
カキラン 楕円形で秋に茶色に熟す
カキラン 葉は全縁楕円形で先端は尾状に伸び互生