サクラ属 ウワミズザクラ亜属 ウワミズザクラ

ウワミズザクラ
上溝桜。
北海道南部から九州の山野に分布する落葉高木で晩春に白い花を房状につけます。花序は上向きに付き花序柄に葉が付きます。
果実は球形で黄色から赤橙、黒紫と熟していきます。
葉は倒卵形で鋸歯があり、先端は尾状に延びます。
若い個体や枝ではサクラと同じような灰褐色の横方向の皮目に茶色っぽい斑点が入りますが、サクラほど目立ちません。老木では樹皮は茶褐色になり、縦方向の皮目が目立つようになってきます。
良く似たものにイヌザクラやシウリザクラがあります。
学名 : Prunus grayana

ウワミズザクラ
ウワミズザクラ ウワミズザクラ
ウワミズザクラ 晩春に白い花を房状
ウワミズザクラ 果実は球形で夏に黄色から赤橙、黒紫と熟す
ウワミズザクラ 葉は倒卵形で鋸歯があり、先端は尾状に延びる
ウワミズザクラ 老木では樹皮は茶褐色になり、縦方向の皮目が目立つ
ウワミズザクラ 小さな楕円形の子葉