イラクサ科 イラクサ属 イラクサ

イラクサ
刺草。
本州から九州の広葉樹林地のやや湿った場所に生える多年草で茎や葉柄にはトゲがあり、刺さるとちくちく痛みます。
雌雄異株で初秋に目立たない小さな花をつけます。
葉は広卵形で鋸歯があり対生します。
とげを持ついやな雑草に思われがちですが、新芽はおひたしやてんぷらで食べられる山菜でもあります。
多くのミネラルや食物繊維を含み栄養価も高いようです。
学名 : Urtica thunbergiana

イラクサ 
イラクサ イラクサ 
イラクサ 初秋に目立たない黄緑色の小さな花
イラクサ 初秋に目立たない白黄緑色の小さな花
イラクサ 広卵形 鋸歯 対生
イラクサ 茎や葉柄にはトゲ