キンポウゲ科 センニンソウ属 ハンショウヅル

ハンショウヅル
半鐘蔓。
本州から九州の山野の林縁などに自生するつる性多年草で、初夏に紫色の花をつけます。花は下を向いて半鐘のような形をしています。
葉は3出複葉小葉は卵形で鋸歯があります。種子には毛が生えていて風で散布されます。
学名 : Clematis japonica

ハンショウヅル 
ハンショウヅル ハンショウヅル 
ハンショウヅル 初夏楕円形で白紫いろのつぼみ
ハンショウヅル 秋 白いひげを球状にのばす
ハンショウヅル 3出複葉 卵形 鋸歯 対生
ハンショウヅル 茶褐色の茎 縦しわが入る
ハンショウヅル 初夏に紫色の花 楕円形のつぼみ