ムクロジ科 カエデ属 ナンゴクミネカエデ

ナンゴクミネカエデ
南国峰楓。
本州近畿地方から四国九州の山地に生える落葉小低木で晩春に小さな黄緑色の花を塔状につけます。
葉は5裂し各裂片とも尾状に伸び、花序の花数が10個以下と少ない点がコミネカエデとの相違とされています。
学名 : Acer australe

ナンゴクミネカエデ
ナンゴクミネカエデ ナンゴクミネカエデ
ナンゴクミネカエデ 晩春に小さな黄緑色の雄花
ナンゴクミネカエデ 葉は5裂し各裂片とも尾状に伸びる 対生 鋸歯
ナンゴクミネカエデ 灰色で縦方向の茶褐色の皮目
ナンゴクミネカエデ 楕円形の子葉