スイカズラ科 タニウツギ属 ツクシヤブウツギ

ツクシヤブウツギ
筑紫藪空木。
九州の山野に生える小高木で、晩春から初夏にかけて白から赤に変色する花を多数つけます。小枝は横に広がり、葉脇から下向きに花をつけます。花柱が長く柱頭が飛び出すのが特徴です。
葉は卵形でやや幅が狭く、鋸歯があり、対生します。
学名 : Weigela japonica

筑紫藪空木
ツクシヤブウツギ 筑紫藪空木
ツクシヤブウツギ 晩春~初夏 最初は白
ツクシヤブウツギ 晩春~初夏 赤く変色
ツクシヤブウツギ 卵形でやや幅が狭い 鋸歯 対生
ツクシヤブウツギ 小枝は横に広がり葉脇から下向きに花をつける