アカネ科 ギョクシンカ属 ギョクシンカ

ギョクシンカ
玉心花。
九州中部以南の森の中に生える常緑低木で晩春から夏に小さな白い花を多数つけます。
芳香があり、においも形もクチナシに似ています。
果実は楕円形で上向きにつき、黒紫に熟すがいつまでも緑色の場合が多い。
葉は対生し、楕円形から卵形で先端はとがり、光沢があって葉脈が目立ちます。
学名 : Terenna gracilipes

玉心花
ギョクシンカ 玉心花
ギョクシンカ 晩春から夏に小さな白い花
ギョクシンカ 楕円形で上向きにつく 黒紫に熟すが緑色
ギョクシンカ 楕円形~卵形 対生 光沢があって葉脈が目立つ
ギョクシンカ クチナシに似ている