ラン科 ニラバラン属 ニラバラン

ニラバラン
韮葉蘭。
海岸沿いの草地に群生する多年草で晩春に緑色のごく小さな花を塔状に付けます。本州の千葉県以南、四国、九州に分布します。
葉は細長く扁平なのですが、内側に巻いていてネギニラのように中空な感じになります。地面から半円状に伸びますが、花の時期には先端は枯れていよいよネギのように見えます。
地下には球茎があります。
学名 : Microtis unifolia

韮葉蘭
ニラバラン 韮葉蘭
ニラバラン 晩春に緑色の極小さな花を塔状
ニラバラン 細長く扁平なのだが内側に巻いて筒状
ニラバラン 地下には球茎
ニラバラン 晩春に緑色の小さな花を塔状