ラン科 オニノヤガラ属 アキザキヤツシロラン

アキザキヤツシロラン
秋咲八代蘭。
本州千葉県以南から四国、九州の竹林の林床に生える多年草で初秋に黒い花をつけます。ショウジョウバエに花粉を媒介してもらっているようです。菌類から養分を得ており、葉も葉緑素もありません。唇弁はクリーム色で毛は生えていません。

結実すると基部が伸びて30cm程度まで伸びあがります。
学名 : Gastrodia confusa

秋咲八代蘭
アキザキヤツシロラン 秋咲八代蘭
アキザキヤツシロラン 黒紫の花クリーム色の唇弁
アキザキヤツシロラン 花粉嚢を背につけたショウジョウバエ
アキザキヤツシロラン 秋伸びだしてきた実 茶色
アキザキヤツシロラン 秋茶色の実
アキザキヤツシロラン 表面はごつごつしている