ツバキ科 ナツツバキ属 ヒメシャラ

ヒメシャラ
姫沙羅。
本州の神奈川県から金地地方、四国・九州の山地に生える落葉高木で晩春から初夏に小さな白い花をつけます。花の大きさは、ナツツバキが5cm程度、ヒコサンヒメシャラが4cm程度、ヒメシャラが2cm程度と最も小さい。5枚の萼のほかにやや大きな苞が2枚付いています。
互生する葉は卵形で浅い鋸歯があり、先端は尾状に伸びます。
幹は若木のうちは灰色で老木では次第に川がはがれて赤褐色になります。
学名 : Stewartia monadelpha

姫沙羅
ヒメシャラ 姫沙羅
ヒメシャラ 晩春~初夏に小さな白い花
ヒメシャラ 互生 卵形で浅い鋸歯
ヒメシャラ 灰色から赤褐色に
ヒメシャラ やや大きな苞が2枚