ラン科 カヤラン属 カヤラン

カヤラン
萱蘭。
本州岩手県以南から四国・九州の広葉樹林内の木の枝や幹に着生する多年草で春に小さな黄色い花を数個つけます。
葉の形や付き方がカヤに似ていることから名付けられています。
新しい根が茎の節から出て長くなり、古い物は枯れてしまうのか、枝や幹にぶら下がったような形になります。
学名 : Thrixspermum japonicum

萱蘭
カヤラン 萱蘭
カヤラン 萱蘭
カヤラン 春に小さな黄色い花
カヤラン 細長い楕円形全縁互生
カヤラン 茎の途中から新しい根が出る
カヤラン 丸いつぼみ