ケシ科 キケマン属 ムラサキケマン

ムラサキケマン
紫華鬘。
各地の林の中などやや湿気のある場所に自生する一年草で、春に赤紫の花を咲かせます。
実は果柄の方からはずれ、ぜんまいのように巻いて黒くて丸い小さな種子を飛ばします。
ムラサキケマンには水孔があって、早朝の葉には露が付いているのをよく見かけます。
学名 : Corydalis incisa

ムラサキケマン
ムラサキケマン ムラサキケマン
ムラサキケマン 春 赤紫
ムラサキケマン 春赤紫色の花
ムラサキケマン 夏黄茶色に熟すサヤ状の実
ムラサキケマン 晩春 茶緑色に熟すサヤ状の実
はじけて種子を飛ばす
ムラサキケマン 晩春初夏 小さな黒い球形の実
ムラサキケマン 羽状複葉 鋸歯 根生 互生
ムラサキケマン