コミカンソウ科 カンコノキ属 カンコノキ

カンコノキ
本州伊豆半島以西から沖縄の海岸近くの丘陵地などに生える落葉低木で夏に極小さな黄緑色の花を付けます。受粉はホソガという小さなガの仲間だけによって行われるそうです。
葉は全縁互生し、小さな木の枝の先端はとげのようにとがります。実は丸くて扁平でミカンカボチャのような形をしており、熟すと皮が裂けて赤い果肉に覆われた種子が出てきます。

学名 : Glochidion obovatum

カンコノキ
カンコノキ カンコノキ
カンコノキ カンコノキ
カンコノキ 夏に極小さな黄緑色の花
カンコノキ 丸くて扁平で小さなミカンかカボチャのような形
カンコノキ 秋 赤い果肉に覆われた種子
カンコノキ 全縁 互生 倒卵形
カンコノキ 丈が低い個体の枝先はとげの様にとがる
カンコノキ 縦に深く割れる灰褐色の幹