カバノキ科 ハンノキ属 オオバヤシャブシ

オオバヤシャブシ
大葉夜叉五倍子。
海岸近くの山地に生える落葉小高木で、もともとは関東から伊豆半島の太平洋沿岸地域に分布していましたが、やせ地でもよく育つため、緑化の目的で暖地の切土面や崖地などに植えられています。
早春に赤みを帯びた雌花を枝先につけ、黄緑色の雄花は幹よりに付きます。よく似たヤシャブシは雄花と雌花の位置が逆になります。
学名 : Alnus sieboldiana

オオバヤシャブシ
オオバヤシャブシ オオバヤシャブシ
オオバヤシャブシ 早春 赤みを帯びた雌花を枝先につけ黄緑色の雄花は幹よりに付く
オオバヤシャブシ 春 枝の先端付近に付く雌花 赤みを帯びている
オオバヤシャブシ 秋茶色に熟すマツカサのような実