ニシキギ科 ツルウメモドキ属 テリハツルウメモドキ

テリハツルウメモドキ
照葉蔓梅疑。
山口県から九州以南の海岸に生えるつる性の半常緑低木で晩春に小さな黄緑色の花をつけ、秋には熟すと割れてオレンジ色の果肉に包まれた種子が出てくる実をつけます。
ツルウメモドキとよく似ていますが、海岸の厳しい環境に適応するため、クチクラ層の発達した光沢のある葉をつけます。

学名 : Celastrus punctatus

テリハツルウメモドキ
テリハツルウメモドキ テリハツルウメモドキ
テリハツルウメモドキ 晩春 小さな黄緑色の花
テリハツルウメモドキ 光沢のある楕円形の葉 小鋸歯 互生