アヤメ科 アヤメ属 ヒオウギ

ヒオウギ
緋扇。
本州から沖縄、海外でも東アジアの広い範囲に生育する多年草で、山地の日当たりの良い草原に生えます。
晩春から初夏にかけて6弁の斑紋のあるオレンジ色の花をつけます。
葉は扇状に左右に平たく付きます。
果実は熟すと中からつやのある黒い球形の種子が多数出てきてヌバタマと呼ばれ、和歌では黒や夜の枕詞として使われます。
学名 : Iris domestica

ヒオウギ
ヒオウギ ヒオウギ
ヒオウギ 晩春~初夏 6弁の斑紋 オレンジ色の花
ヒオウギ 涙型の実
ヒオウギ 秋 つやのある黒い球形の種子 ヌバタマ
ヒオウギ 葉は扇状 平 とがる