イラクサ科 ミズ属 コミヤマミズ

コミヤマミズ
小深山水。
本州から九州の林内の湿った場所に生える多年草で晩夏から初秋にごく小さな黄緑色の花をつけます。
葉は狭卵形で対生し先端は尾状にとがり鋸歯があります。
地下茎で広がり群生します。
学名 : Pilea pseudopetiolaris

コミヤマミズ
コミヤマミズ コミヤマミズ
コミヤマミズ 晩夏~初秋 ごく小さな黄緑色の花
コミヤマミズ 晩夏~初秋 ごく小さなピンクの花
コミヤマミズ 狭卵形 対生 先端は尾状にとがる 鋸歯