スミレ科 スミレ属 ヒカゲスミレ

ヒカゲスミレ
日陰菫。
北海道から本州、四国、九州北部の山地の湿り気のある半日陰に生える多年草で晩春に小さな白い花をつけます。

葉は、ハート型で鋸歯があります。
一般的には、葉の裏表とも緑色ですが、葉脈に沿って白い班が入るものもあります。葉が黒っぽいものをタカオスミレといいます。また、葉の形がひょうたん型になるものをアソヒカゲスミレと言っています。
学名 : Viola yezoensis

日陰菫
ヒカゲスミレ 日陰菫
ヒカゲスミレ 晩春に小さな白い花
ヒカゲスミレ 距は筒状でピンク
ヒカゲスミレ ハート型で鋸歯
ヒカゲスミレ ハート型で鋸歯