はなQクイズ『なにこれ?
あなたには分かるかな ?

スミレ科 スミレ属

花(又は代替)で表示

スミレ属
学名 : Viola

葵菫。
各地のやや日当たりの悪い林下に生える多年草で春に淡紫色の小さな花が咲きます。距は太く上側に反り返っており特徴的です。また、匐枝で広がり、群落を形成するのも特徴の一つです。

紫背菫。
本州、四国、九州の比較的暖かい地域に分布する多年草で、春に側弁は無毛の赤紫色の花を咲かせます。

立坪菫。
春薄紫色の花が咲く多年草です。
地上茎のあるタイプで葉腋から花柄がでます。

匂立坪菫。
各地に自生する多年草で明るく開けた傾斜地のような場所に生えます。春花の中心部の白が目立つ紫色の花を付けます。

有明菫。
各地の道端や畦などに自生する多年草で、早春に白っぽくて薄紫色の筋が入った花を咲かせます。花の色は白から赤紫を帯びたものまで変化があり、有明(明け方の空)の名が冠されています。

叡山菫。
杉林などの直射日光が当たりにくい場所に生え、春に薄紫からピンクの花をつけます。
葉は他のスミレと異なり深く切れ込み、大きく3つに裂けます(見ようによっては5裂)。夏葉は切れこみが小さく、3裂している状態がわかりやすいかもしれません。他に葉が5裂するものにヒゴスミレがあります。

黄菫。別名イチゲスミレ(一華菫)。
一般的なスミレの花は紫系の色をしていますが、この種は鮮やかな黄色をしています。多年草

菫。
スミレ属は種類が多いことから他のスミレと区別するため、マンジュリカと呼び分ける場合もあります。
葉は細長いハート型で、花は紫色が基調で全体的に白っぽいもの、赤紫のものなど変異の多い多年草です。漢方薬:紫花地丁(しかじちょう)。

如意菫、別名ツボスミレ(坪菫)。
日当たりのよい野山のやや湿った場所に生える多年草です。スミレの中ではもっとも小さな花をつけます。

三色菫(サンシキスミレ)のうち花の大きいもので、ヨーロッパから西アジア原産の越年草です。

三色菫(サンシキスミレ)のうち花が小さめで多くの花をつけるもののことで園芸植物です。

麓菫。
本州から九州の山地で見られる多年草で、草丈数cmの小さなスミレです。春に白い花が咲き、唇弁と側弁に紫のスジが入っており、距は丸く赤紫色です。また、側弁には毛が生えています。

小深山菫。
本州福島県以南から屋久島のやや暗くて湿った渓流沿いなどに自生し、春から初夏にかけて白い花を咲かせる多年草です。
斑入りのものも稀にありフイリコミヤマスミレと呼び分けることもあります。

長葉立坪菫。
各地の山道脇などで見かける多年草で春に淡紫色の花を付けます。葉には葉脈に沿って紫色の筋が入るもの(マダラナガバノタチツボスミレ)も多いようです。

野路菫。
本州から九州の道端や田の畦などに生える多年草で早春に紫色の花を付けます。スミレとよく似ていますが、距は細長く花の側弁には毛が生えていません。

姫菫。
本州から九州の丘や畑などに生える多年草で春に紫色の花を咲かせます。スミレより花弁の幅が狭く、距(花の後に出っ張っている部分)は丸くぽっちゃりしていて色が薄いのが一般的ですが、まれに距が濃い赤紫色になるものもあります。

小菫。
北海道から九州まで分布する多年草で初春に薄紫色の小さな花を付けます。舌弁と側弁には紫条が目立ち、側弁は東日本では無毛なものが、西日本では有毛なものが一般的です。

防府菫。
スミレシハイスミレの自然交雑種で春に紫色の小さな花を付けます。花はやや小ぶりで側弁に毛が生えています。

肥後菫。
本州から九州の日当たりの良い山野に生える多年草で晩春に白い花をつけます。
舌弁の内側と上弁の外側には紫色の筋が入り、側弁には毛が生えています。花弁の付け根は黄緑色になっています。距は丸くて白く紫色を帯びる場合が多いようです。

播磨菫。
スミレアリアケスミレの交雑種で、春に紫条の多い白みの強い青い花をつけます。距は白色の場合が多いようです。側弁には両親同様に毛が生えています。

姫顎菫。
愛知県以西の湿地やため池の縁に生える多年草で晩春から初夏に小さな紫色の筋が入る白い花をつけます。
ツボスミレの変種で茎はアギスミレのように斜上せず匍匐します。

茜菫。
各地の日当たりの良い林縁や林道脇に生える多年草で春に濃い紫色の花をつけます。距は細く、側弁には毛が生えています。開花時期は他のスミレに比べて遅い。

細葉白菫。
本州の滋賀県以西から九州の高地に生える多年草で晩春から初夏にかけて白い花をつけます。舌弁には紫条があり、側弁には毛が生えます。
葉は細長く葉の基部がホコ状に膨らみます。

長葉ノ菫細辛。
本州茨城県以西から四国、九州の太平洋側の日差しの強くならない山地のやや湿り気のある場所に生える多年草で晩春に白から薄紫色の小さな花をつけます。距は短くて太い円筒形でニョイスミレに似ます。

姫深山菫。
本州関東以西から四国九州の林内に生える多年草で、晩春に薄紫色の小さな花をつけます。フモトスミレの亜種(Viola sieboldi ssp. boissieuana)とされることもある。フモトスミレが明るい場所に生えるのに対して本種はやや薄暗い場所に生えます。

有明姫菫。
ヒメスミレアリアケスミレの交雑種で、春に紫条の多い青い花をつけます。距は丸くてやや長く白い。側弁には両親同様に毛が生えています。ハリマスミレよりやや小ぶりです。

丸葉菫。
本州四国九州の太平洋側内陸部に分布し、反日陰から日当たりのよい土手などに生える多年草で晩春に白い花をつけます。花弁は丸くて先端は波打ち、基部は黄緑色を帯びる場合が多い。側弁と舌弁には紫色の筋が入り、距は筒状でやや太く、赤紫の斑があります。

雛菫。
北海道南部から九州中部の太平洋側山地部に生える多年草で、春に小さなピンクから赤紫色の花をつけます。側弁には毛が生えています。距はやや長く丸みを帯びる場合が多い。

曙菫。
北海道南部から本州四国九州の雑木林などの下に生える多年草で春にピンクの花をつけます。側弁には毛が生えている場合が多い。

桜菫。
北海道東部から本州四国九州の明るい落葉樹林や草原に分布する多年草で、晩春から初夏にかけて赤紫色の花をつけます。花弁の先端はサクラのようにへこむことが多く、側弁には毛が生えています。