スミレ科 スミレ属 コミヤマスミレ

コミヤマスミレ
小深山菫。
本州福島県以南から屋久島のやや暗くて湿った渓流沿いなどに自生し、春から初夏にかけて白い花を咲かせる多年草です。
斑入りのものも稀にありフイリコミヤマスミレと呼び分けることもあります。
葉には毛が多く、中心付近は紫色を帯びています。花びらは細長く、側弁には毛があり、舌弁には紫色の筋が入ります。
学名 : Viola maximowicziana

コミヤマスミレ
コミヤマスミレ コミヤマスミレ
コミヤマスミレ フイリコミヤマスミレ
コミヤマスミレ 晩春~初夏 白に紫の筋
コミヤマスミレ 距は白くて丸い
コミヤマスミレ 初夏 黒紫の小さな楕円形
コミヤマスミレ 秋 極小さい球形で茶褐色の種子
コミヤマスミレ ハート形鋸歯根生 毛が多く中心付近は紫色
コミヤマスミレ 楕円形の子葉