スノキ亜科 スノキ属 ナツハゼ

ナツハゼ
夏櫨。
北海道から九州の山地に自生する落葉低木で、晩春から初夏に目立たない赤みを帯びた白い花をつけ、果実は秋に黒紫色に熟し食べられます。
葉はざらざらしていますが、夏でも葉が赤くハゼのようだということから命名されています。
学名 : Vaccinium oldhamii

ナツハゼ
ナツハゼ ナツハゼ
ナツハゼ 晩春~初夏 目立たない赤みを帯びた白い花
ナツハゼ 秋 黒紫色に熟し可食
ナツハゼ 新しい葉も赤みを帯びる
ナツハゼ 秋赤く紅葉する 楕円形互生鋸歯
ナツハゼ 赤い新芽
ナツハゼ アリが受粉を助けるようだ