はなQクイズ『なにこれ?
あなたには分かるかな ?
富士山登山用品レンタルなら
そらのした

ミラーレス
軽量小型・高速連写

スノキ亜科 スノキ属

花(又は代替)で表示

スノキ属
学名 : Vaccinium

灰汁柴(青木柴)。
樹高50cm程度の落葉小低木で若枝は濃い緑色をしています。
山野の広葉樹の根元にひっそりと生えています。

夏櫨。
北海道から九州の山地に自生する落葉低木で、晩春から初夏に目立たない赤みを帯びた白い花をつけ、果実は秋に黒紫色に熟し食べられます。

苔桃。
北海道から九州の亜高山地帯に自生する常緑小低木で、夏に小さな白い花をつけ、実は赤く熟します。

樹高5m程度の常緑低木です。葉は厚手で楕円形をしており、縁には不明瞭な鋸歯があります。春から初夏にかけて白い房状の花がさき、秋に青黒く熟す実をつけます。

臼木、別名カクミノスノキ。
樹高数十cmの落葉小低木で北海道から九州北部のアカマツ林やブナ林などの明るい場所に生えています。
晩春に赤みを帯びた小さな白い花をまばらに付けます。

黒臼子。
中部地方から北海道の亜高山から高山に生える落葉小低木で夏に赤みを帯びた白い小さな花をつけます。カボチャパンツのような花弁から雌蕊が飛び出しています。