サワギク連 キオン属

花(又は代替)で表示

キオン属
学名 : Senecio

野襤褸菊。
ヨーロッパ原産の一年草で、道端に生えているのをよく見かけます。葉はシュンギクに似ていますが食用にはなりません。

丘小車。
暖かい地域の丘陵地に生える多年草です。冬場はロゼット葉で過ごし、春30cm程度に伸びた茎の先端部に黄色い花を咲かせます。

沢小車。
本州から九州の日当たりの良い湿地や休耕田に生える多年草で、春に長い花茎を伸ばし黄色い花を付けます。根生葉はヘラ状で白い毛が生えていますが、オカオグルマほどではありません。

鳴門沢菊、別名コウベギク。
マダガスカルからアフリカ南部原産の多年草でほぼ一年中黄色い花をつける帰化植物です。草丈50cm前後でよく分枝し多数の花をつけ、開花後には綿毛をつけます。このため繁殖力も旺盛で生息域も拡大が早く特定外来生物に指定されています。

黄苑。
日本各地の亜高山の日当たりの良い草地に生える多年草で晩夏から初秋に黄色い花をつけます。
葉は狭卵形で細かい鋸歯があり互生します。