クスノキ科 ハマビワ属 アオモジ

アオモジ
青文字。
近畿以西の山地に自生する雌雄異株の落葉小高木で、早春にクリーム色の花を多数付け、春を告げる代表的な木のひとつです。果実は丸く、秋に黒く熟します。
新しい枝の樹皮は緑色で美しくよい香りがあるため、爪楊枝(お茶会など)の材料として使用されてきました。葉は秋に黄色に紅葉します。
学名 : Litsea cubeba

アオモジ
アオモジ アオモジ
アオモジ 秋 黄色に紅葉
アオモジ 晩冬~初春 白黄緑の実のような丸い花
アオモジ 初春 小さな白黄色の花
アオモジ 秋 球形 赤黒く熟す
アオモジ 卵形 全縁 互生