タンポポ連 ニガナ属 タカサゴソウ

タカサゴソウ
高砂草。
本州から九州の乾燥気味の野原に自生する多年草で、春から初夏にかけてに白い花を咲かせます。
シロニガナに似ますが、本種の方が花弁の数が多く、花弁の裏側は紫色を帯びる個体が多いようです。
絶滅危惧Ⅱ類に分類されています。
学名 : Ixeris chinensis subsp. strigosa

タカサゴソウ
タカサゴソウ タカサゴソウ
タカサゴソウ 春~初夏 白い花
タカサゴソウ 花弁の裏側は紫色を帯びる
タカサゴソウ 晩春~初夏 綿毛
タカサゴソウ 単葉 ヘラ状 粗い鋸歯