ペンタフィラクス科 ヒサカキ属

葉(又は代替)で表示

ヒサカキ属
学名 : Eurya

浜姫榊。
暖かい地域の海岸部に自生する常緑低木で晩秋から冬にかけて小さな白い花をたくさんつけます。

姫榊、別名ビシャコ、シャコ。
岩手県以南の各地に自生する一般的には雌雄異株で常緑の低木で晩冬から初春に白い花が咲き、濃紺の実を付けます。
雄花は十本ほどの雄蕊がありやや大丸みを帯びており、雌花は真ん中に一本の雌蕊があるだけでふくらみは無く雄花より小さい傾向があります。
実をつぶしてインク代わりにして遊んだものです。花は芳香を放ち、田植えの時期を思い出させます。
花が濃い紅色のものをベニヒサカキと言い分けることもあるようです。下のピンクの花はこれらの中間的な種なのかもしれません。