はなQクイズ『なにこれ?
あなたには分かるかな ?

あいうえお順で表示(草本・草花) ページの下部に検索窓があります

  

北海道から九州の谷筋など湿った場所に自生する一年草で草丈50cm程度になります。夏から秋にかけて赤みを帯びた黄緑色の花が咲きます。小さくて葉脇に隠れているので目立ちません。

藜。
各地の道端、畑、河原などに生える一年草で新しい葉の葉柄に近い部分が赤みを帯びていて花は小さく目立ちません。葉柄に近い部分が白いシロザの変種とされています。

藜葛、別名オカワカメ(丘和布)、ウンナンヒャクヤク(雲南百薬)。
熱帯アメリカか熱帯アジアを原産地とするつる性多年草で、日本には中国から薬草として伝えられたものです。
葉酸やミネラルを多く含んでいて、葉や茎を食します。
秋に小さな白い花を多数つけます。

茜。
各地の山野に自生するつる性の多年草で、ハート型の葉が4枚一対になり輪生するのが特徴です。秋にごく小さな白い花を咲かせます。

茜菫。
各地の日当たりの良い林縁や林道脇に生える多年草で春に濃い紫色の花をつけます。距は細く、側弁には毛が生えています。開花時期は他のスミレに比べて遅い。

赤花。
北海道から沖縄の田んぼなどの日当たりがよく湿った場所に自生する多年草で草丈10~50cm程度になります。

秋唐松、別名タカトウグサ(高遠草)。
日本各地の日当たりの良い草地に生える多年草で晩夏から初秋にかけて白い雄蕊の目立つ小さな花を多数つけます。

秋丁子。
長野県以西の山野ややや湿り気のある明るい木陰に生える多年草で秋に長さ2cm程度の丁子に似た細長い淡紫色の花をつけます。