サクラソウ科 オカトラノオ属

種子(又は代替)で表示

オカトラノオ属
学名 : Lysimachia

丘虎ノ尾。
各地の丘や草原に自生する多年草で、初夏に白い花を尾状の房にして咲かせます。

小茄子。
北海道から九州の低山に自生し、春から初夏にかけて小さな黄色い花を付ける草丈20cm程度の多年草です。

銀鈴花、別名ミヤマタゴボウ。
本州から九州の沢沿いなどやや湿り気がある場所に生える多年草で初夏に小さな目立たない花を塔状に咲かせます。
実は球形で先端に花柱が残っています。

浜払子。
北海道南部から南西諸島の海岸の岩場で見られる越年性の一年草で、晩春から初夏にかけて花茎を伸ばし小さな白い花をつけます。

沼虎の尾。
本周以南の湿地に生える多年草で夏に小さな白い花を塔状につけます。良く似たオカトラノオは花穂が横になびくような形になりますが、本種の花穂はほぼまっすぐ立ち上がります。

草連球、イオウソウ(硫黄草)。
日本各地の山野の湿地に生える多年草で晩夏に小さな黄色い5弁花をつけます。
地下茎を出して数株群生するように生えます。