クスノキ科 クロモジ属

幹・茎(又は代替)で表示

クロモジ属
学名 : Lindera

鉄釘ノ木、別名ナツコガ。
関東南部から九州の丘陵地や山地に生える雌雄異株の落葉高木で樹高十数mになります。4月ごろ開花し、実は丸く秋に赤熟します。

白文字。
本州の中部地方以西から九州まで自生する雌雄異株の落葉低木で、春に黄緑色の小さな花をつけます。丸い実は秋に黄褐色に熟し、皮がめくれて中から茶色の種子が出てきます。

黒文字。
岩手県以南の各地の山に自生する雌雄異株の落葉低木で若枝は緑色ですが次第に黒くなります。
樹皮にできる模様を文字に見立ててクロモジというそうです。

山香ばし、別名モチギ、ヤマコショウ。
関東以西から九州の山地に自生する落葉低木で春に目立たない黄緑色の花をつけます。種子は球形で秋に黒熟します。

本州から九州の丘陵地や山地に自生する雌雄異株の落葉低木で、春に黄緑色の小さな花を咲かせ、秋に黄色に熟す丸い果実をつけます。

毛黒文字。
中国地方、四国、九州の山地に生える落葉小低木で春に小さな黄色い花をつけます。

壇香梅。
本州関東地方以西から九州の落葉樹林内などに生える落葉低木で、早春にごく小さな黄色い花をつけます。