スイカズラ科 タニウツギ属

発芽(又は代替)で表示

タニウツギ属
学名 : Weigela

谷空木。
樹高3m程度の落葉低木です。春白っぽいピンクの花をたくさんつけます。

箱根空木。
落葉低木で晩春に白から赤に変色するベル状の花を多数つけます。
葉は楕円形で鋸歯があり、対生します。

二色空木。
本州から四国九州の山地に生える落葉低木で晩春から初夏にクリーム色から赤に変化する小さな花をつけます。九州の高山に生えるものは最初から花が赤く、ベニバナニシキウツギ(紅花二色空木 f. unicolor)と呼ばれています。ハコネウツギは花が大きく開くが、本種はややすぼまっている。

筑紫藪空木。
九州の山野に生える小高木で、晩春から初夏にかけて白から赤に変色する花を多数つけます。小枝は横に広がり、葉脇から下向きに花をつけます。花柱が長く柱頭が飛び出すのが特徴です。