ガガイモ亜科 カモメヅル属

幹・茎(又は代替)で表示

カモメヅル属
APG植物分類体系ではガガイモ科からキョウチクトウ科ガガイモ亜科に移されています。
学名 : Cynanchum

鈴柴胡。
北海道から九州の野山に自生する多年草で日当たりのよいやや乾いた場所に生えます。
草丈は80cm前後で細い茎に細長い葉が特徴的です。

舟腹草。
野山の乾いた草地に生える多年草で晩春から初夏にかけて茶色の小さな花を多数付けます。

青立鴎蔓。
本州近畿以西から四国・九州の湿地に生える多年草で晩夏から初秋に白い花をつけます。
葉は対生し、楕円形で先端はとがり、基部は円形にへこみます。

筑紫柏。
本州中国地方から四国九州の山地林内や林縁に生える多年草で初夏にごく小さな紫茶色の花をつけます。花は同属のフナバラソウなどと似ています。株立ちになり、先端部はやや蔓状に伸びます。葉は広卵形で対生し、全縁で先端はとがります。

南国鴎蔓。
九州南部の林縁などに生えるつる性多年草で初秋に小さな黄緑色の花をつけます。
葉は、全縁の細長いハート形で対生します。

本州関東地方以西から四国・九州の山地の林縁や草地に生えるつる性の多年草で、夏に黄緑色の小さな花を球状(散状花序)につけます。花冠の裂片はイケマのようには反り返らない。