はなQクイズ『なにこれ?
あなたには分かるかな ?

あいうえお順で表示(つる性多年草) ページの下部に検索窓があります

  
  

葵苔。
関東以西の道端や樹下などに地面を這うように生える小さなつる性の多年草で丸い葉が特徴です。晩春から初夏にかけて小さなクリーム色の花をつけます。
実は2つづつ付き、花期には上向きだった花柄は果期には実の付け根近くで曲がって下に向きます。

青立鴎蔓。
本州近畿以西から四国・九州の湿地に生える多年草で晩夏から初秋に白い花をつけます。
葉は対生し、楕円形で先端はとがり、基部は円形にへこみます。

藜葛、別名オカワカメ(丘和布)、ウンナンヒャクヤク(雲南百薬)。
熱帯アメリカか熱帯アジアを原産地とするつる性多年草で、日本には中国から薬草として伝えられたものです。
葉酸やミネラルを多く含んでいて、葉や茎を食します。
秋に小さな白い花を多数つけます。

茜。
各地の山野に自生するつる性の多年草で、ハート型の葉が4枚一対になり輪生するのが特徴です。秋にごく小さな白い花を咲かせます。

甘茶蔓。
雌雄異株つる植物で巻きひげで他の植物にしがみついて大きくなります。各地の野山に自生しており、晩夏から初秋にかけてごく小さな黄緑色の星型の花を咲かせます。

蟻ノ燈草。
北海道から沖縄の日当たりのよい場所に自生する小さな多年草で、地面に這うように生え、立ち上がっても20cm程度にしかなりません。

西表朝顔。ノアサガオの突然変異種の多年草で夏に青い花をたくさん咲かせます。種子はできないそうで挿し木で増やせます。
オーシャンブルー、リュウキュウアサガオ、宿根アサガオなどとも呼ばれています。

岩垂草。
関東以西の海岸の砂地や岩場に生える多年草で夏から秋にかけて小さな薄紫色の花をつけます。花はウツボグサのように茎に近いほうから先端部へ向かって咲き、松かさ状になります。