あいうえお順で表示(多年草) ページの下部に検索窓があります

  

秋ノ麒麟草、別名アワダチソウ。
全国各地の比較的日当たりのよい山野に自生する多年草です。草丈30cm程度になり、秋に黄色い花を塔状につけます。

秋の銀龍草。別名ギンリョウソウモドキ、ユウレイタケ。
林下に生えて秋に白い花をつける腐生植物で、葉緑素が無く葉は茎に沿う白い鱗片のように付きます。
果実は白い球形で上を向いて付きます。

秋ノ田村草。
本州から九州に自生する多年草で梅雨時から秋まで淡い紫色の花を塔状に咲かせます。

曙繻子蘭。
北海道本州から四国九州の林下に生える多年草で晩夏から初秋に白から淡紅色の小さな花を数輪塔状につけます。
葉は卵形で縁が波打ち先端はやや長くなります。
シュスランの葉には中心に白い筋は入ります。

曙菫。
北海道南部から本州四国九州の雑木林などの下に生える多年草で春にピンクの花をつけます。側弁には毛が生えている場合が多い。

浅黄水仙、フリージア。
フリージア属の交雑種で南アフリカで発見され、甘くてよい香りがするため園芸用として広く親しまれています。
花期は春で黄色が基本種ですが白、赤、紫など多くの品種があります。

東一華。
北海道から九州の落葉樹林の林縁などに生える多年草で春に白い花をつけます。

阿蘇鋸草。
九州の火山性草原に生える多年草で晩夏から初秋に白やピンクの小さな花を茎先に多数つけます。
葉は狭卵形で粗い鋸歯があり互生します。