はなQクイズ『なにこれ?
あなたには分かるかな ?

あいうえお順で表示(木本) ページの下部に検索窓があります

  
  

青木。
宮城県以南の日本各地の山や谷あいに自生する常緑低木で、比較的大きな葉と春に紫色の花をつけ、冬になる赤い楕円形の実が特徴です。

青桐。
東アジアの熱帯から亜熱帯に自生する落葉高木で、日本では太平洋沿岸の暖かい地域に自生地が点在します。

青葛篭藤、別名カミエビ。
本州から九州の山野に自生するつる植物で他の植物に巻きついて伸び上がり、夏に小さな白い花を咲かせ、秋に白粉をふいた丸くて青黒い実を房状につけます。

青ノ栂桜。
中部地方以北の高山帯の砂礫地や草原に生える小低木で夏に小さな白い花をつけます。

青膚。
北海道から九州の山地に生える雌雄異株の落葉高木で初夏に小さな白い花をつけます。実は丸く葉脇に数個まとまって付き赤熟します。

青文字。
近畿以西の山地に自生する雌雄異株の落葉小高木で、早春にクリーム色の花を多数付け、春を告げる代表的な木のひとつです。果実は丸く、秋に黒く熟します。

赤樫、別名オオガシ、オオバガシ。
本州から九州まで分布する常緑高木で、春に黄緑色の房状の花を咲かせ、秋に半分ほど帽子を被ったドングリをつけます。

赤四手、別名ソロ、ソロノキ。
北海道南部から九州の山地に自生する落葉高木で春に赤い新芽を出します。花穂は尾状に垂れ下がり早春に咲きます。